ミャンマーのコンセント形状・電源プラグ・電圧

ミャンマーのコンセントと電源プラグは何タイプ?ミャンマー旅行で必要な変換アダプターや変圧器がわかります。

コンセント&プラグTOP > 東南アジア > ミャンマー

コンセント形状と電源プラグの種類

Cタイプ
Cタイプのコンセント・プラグ形状
Bタイプ
Bタイプのコンセント・プラグ形状
Dタイプ
Dタイプのコンセント・プラグ形状
Fタイプ
Fタイプのコンセント・プラグ形状
Gタイプ
Gタイプのコンセント・プラグ形状
Aタイプ
Aタイプのコンセント・プラグ形状

電圧

何ボルト?
220~240V

ミャンマーの220~240Vに対応していない電気製品には、変圧器が必要です。ドライヤーやヘアアイロンは海外対応製品がおすすめです。

周波数

何ヘルツ?
50Hz

日本は北海道・東日本が50Hz、長野県・静岡県から西側が60Hzです。 製品ラベルや説明書に「50/60Hz」の表記があれば、ミャンマーでも使用できます。 特定の周波数しか対応していない一部の電気製品は、海外で使えない場合があります。

東南アジアで同じプラグ形状の国

Cタイプのプラグ・コンセントの国々だけを訪れるのであれば、Cタイプだけの変換アダプターで問題ありません。

Bタイプのプラグ・コンセントの国々だけを訪れるのであれば、Bタイプだけの変換アダプターで問題ありません。

Dタイプのプラグ・コンセントの国々だけを訪れるのであれば、Dタイプだけの変換アダプターで問題ありません。

Fタイプのプラグ・コンセントの国々だけを訪れるのであれば、Fタイプだけの変換アダプターで問題ありません。

Gタイプのプラグ・コンセントの国々だけを訪れるのであれば、Gタイプだけの変換アダプターで問題ありません。

Aタイプのプラグ・コンセントの国々だけを訪れるのであれば、Aタイプだけの変換アダプターで問題ありません。

東南アジアの国・地域

ミャンマーとは異なる東南アジアの国・地域を訪れる場合は、コンセント形状・プラグタイプを確認しておきましょう。